line4.jpg

HOME > 看護師転職・再就職8つの方法


title_bar.jpg

top_1.jpgポイント

1:自分で探し直接応募する(雑誌、新聞など)
2:ハローワークで探す
3:友人、知人から紹介してもらう
4:看護師派遣会社を活用する
5:看護師人材紹介会社を活用する

1:自分で探し直接応募する(雑誌、新聞など)

希望する病院などが決まっている場合
求人雑誌や新聞の求人欄、病院の張り紙、公共施設の求人ポスター
探せばいろいろな場所に求人があります。

■メリット
・短期間で入職できる
・面接時にアピールできる

■デメリット
・転職先の情報が少ない
・全て自分で転職活動をしないといけない

2:ハローワークで探す

どの職種でも転職をするときには
まず、ハローワークを誰もが想像する程ポピュラーな方法

■メリット
・窓口で転職先のウワサ程度の情報が聞けるかも
・失業保険など手当を受ける事ができる

■デメリット
・直接ハローワークに行かないといけないため手続きなどに時間がかかる
・ハローワークは、看護師の転職に特化しているわけではないので思うように転職先が探せない

3:友人、知人から紹介してもらう

■メリット
・入職しやすい

■デメリット
・入職しやすいが辞めにくい

4:看護師派遣会社を活用する

■メリット
・期間限定で働く事ができる
・人気のある求人の場合は、派遣の方が入職しやすい
・正社員の道へとつながる事がある

■デメリット
・安定しない

5:看護師人材紹介会社を活用する

最近主流の転職方法の1つです。


■メリット
・無料登録をすると担当の転職コンサルタントがつく
・膨大な求人情報から希望にあった求人を探してくれる
・転職先の面接の調整や給料などの条件の交渉をしてくれる
・転職支度金がもらえる場合がある

■デメリット
・複数の会社に登録すれば電話やメールがたくさんある事がある
・希望しない転職先を勧められる事がある
・50社以上あるためどの会社を使えばいいのか良くわからない
・小規模の病院や施設、サービスなどには紹介してもらいにくい

看護師紹介サイトのデメリットの中で「希望しない転職先を勧められる」
こういうときはきっぱり断ること。それでも相手が進めるのをやめないときは、「他の会社もお願いしているので結構です」と断りましょう

最近、看護師悪徳転職サイトもあるようですが、そのようなサイトにつきあうひつようはありませんよね。なんと言っても貴方の貴重な時間が浪費させられるのですから

そういったトラブルを回避するためにも複数の転職サイトに登録しておくが大切なのです。転職相談サイトで2〜3社は最低登録しましょうと案内するのは、そのためなのです。


当サイトのおすすめ転職サイト
▷▷ ナースコンシェルジュ
貴方のペースにあわせてじっくりと決める事ができるサイトです。よほど転職を焦っていない方にはおすすめと言えます
また、焦って転職を決めても失敗する可能性が高いので、そういうかたもひと呼吸して落ち着いて貴方に合った職場を探す事をお勧めします




    看護師さんのための転職ガイド