line4.jpg

HOME > 私はこうして転職に失敗した!看護師・ナース編 ハローワークを過信した人


title_bar.jpg

%E7%9C%8B%E8%AD%B7%E5%B8%AB%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8.jpg看護師は現状売り手市場と言われています。
はたして、一体どうなのでしょうか?

売り手市場だからと言って皆が皆、転職に成功している訳ではありません。
転職の結果に満足しているのはむしろ少数なのです。

少なからずの人々が結果に不満を感じ焦燥感を感じながらも日々の忙しさに忙殺されているのです。

もしかしたら、これを読んでいるあなたもその一人ではありませんか?
では、何故、売り手市場なのに何故この様な現実か常態化しているのでしょうか?

もしかしたら、ちゃんと用意周到にやれば実はそんな結果にはならなかったかもしれません。そして、ちゃんとやれば次は旨く転職の成功を勝ち得るのかもしれません。

・・・・・・と言う訳で、ここでは実際の失敗例を参考にしながら、どうすれば本当に成功への転職へと繋がるのか、考察してみたいと思います。

具体的な失敗例・・ある地方在住の既婚者の場合

もともと都内にある大学病院で看護婦をしていたのですが、栃木県に嫁ぐ事を
キッカケにそれまで勤めていた病院を退職し、いまは県内で就職活動をしています。

しかし、栃木県の山奥での転職活動は容易ではありませんでした。

私個人的には看護師と言う免許は「一生使える免許」です。これにはかなりの自信を持っていました。看護大学でも私は常に成績が2~3位でしたし、在籍した病院でも成績優秀だったので、「栃木の病院でもバリバリ働いてやろう」と気合充分だったのです。

しかしながら、ハローワークに通っては何度も頭を抱えることになってしまいました。

そもそも、私の住んでいる地域は病院の数が少なく、良い条件のところがあっても片道2時間もかかってしまう有様だったので、悩みに悩んで老人介護施設で働く事を考えるようになったのです。

しかし、調べて見ると、そんな介護施設の数も非常に少なかったのです。
私は色々な条件を諦めざるを得なくなってしまいました。

基本的には、給与として最低でも20万は貰いたいと考えていました。そして、ボーナスは最低でも給与の3ヶ月分は貰いたかったんです。そもそも正看護師なんですから、その位頂いても当然なんです。

しかし、地方と言うのは都会より給与が低い様で、その低さに驚愕します。

私の家は共働きではありますが、それでも今後子供を生む事を考えると、その額で生活する事はとてもではありませんが、出来ないと思いました。

低い給与でも働く事ができればとも思ってはいるのですが、やっぱり前職の待遇を考えるとじゅくじたる物があります。このままだと、せっかくの看護師の資格が宙に浮いてしまうので、やはり給与面でいつかは妥協してしまうのかも知れません。

しっかり働きたいと思う気持ちは誰よりも強いので絶対どこかしらに就職はするつもりですし、その為にはまず給料面は眼をつぶる勇気が必要かとも思っています。

地方での転職はとても難しいと言う事は良く判ったのですが、挫折のまま終わるのではなく、今後もまた、ハローワークに通いつつ求人情報だけは小まめにチェックしようかと思っています。

この失敗例に於ける[傾向と対策]とは?

この方は完全に思い違いをしていますね。
ハローワークは行政機関ですから、お役所仕事です。
まず、親身に相談相手をしてくれる事はありえません。

このままだと自分の希望の部分が宙ぶらりんになって、いつまでも幻想を追い求める事になるでしょう。。。

まずはハローワークを過信する考え方を改めないと、ずっと放浪してまう事になります。
逆に月給20万円以上の部分は妥協する必要はありません。

その点、民間のナース転職サイトなどを利用すれば、コンサルタントも付きますし、非公開情報などもありますから、この方の様にある程度の条件や希望を掲げていても失敗する可能性は低いと思われます。

そして、民間であればカウンセラーの方が変わりに病院側と様々に交渉してくれます。

転職には広い視野と深い見識が必要なのです。




    看護師さんのための転職ガイド